青汁の効果・効能

青汁は妊娠を考えている女性・妊婦の方にも最適です。

青汁はその豊富な栄養と手軽さから、妊娠を予定している女性や妊婦の方におすすめの飲み物です。特に妊娠された方などは普段と食生活が大きく変わる事から栄養の偏りが出やすい時期にも関わらず、体調も万全とは言えない状態のため、そこまで気を使うのが困難な状況にあります。そのため、青汁の栄養が豊富な事はもちろんですが「手軽さ」と言うものがとても嬉しいポイントになってきます。

個々の栄養分を見ていくと、確かにそれ以上に効果的な野菜や果物は沢山あるのですが、全ての栄養素をバランス良く毎日とるのはなかなか難しく、特定の食品から無理に栄養を摂取しようとすると、過剰摂取になる場合もあります。バランス良く手軽に摂れるから毎日継続した栄養補給が出来る、それが青汁の利点です。

青汁の中には「葉酸(ようさん)」をプラスしたものがあります。葉酸は妊娠前の3ヶ月~妊娠後1ヶ月の間に摂る事で、先天異常(二分脊椎)などの神経管閉鎖障害の発症や、胎児奇形として、口唇・口蓋裂や先天性心疾のリスクを低減する事から、厚生労働省でも妊娠予定の女性や妊婦の方には摂取を呼びかけている栄養成分ですが、十分に浸透しているとは言えず、母子手帳を手にして初めて葉酸の重要性に気付く方も少なくありません。※妊娠直前から、妊娠中の葉酸摂取に関しては食事からだけで十分に摂取するのは難しいため葉酸サプリメントを活用される方も多くいらっしゃいます。また、意外かもしれませんが厚生労働省でも栄養補助食品による摂取を推奨しています。

そして、1つ覚えておきたいのが、一般的に青汁には全て豊富な葉酸が含まれているわけではないと言う事です。特に多くの(数百mgの)葉酸が含まれている青汁は製造過程で葉酸をプラスしています。そのため商品によっては、葉酸が殆ど入っていない青汁もありますので、葉酸も積極的に摂取したい場合は成分を確認した上で購入するかサプリメントの活用をおすすめします。

※妊娠予定の方は妊娠前3ヶ月~妊娠後1ヶ月までは400μgの葉酸摂取が望ましいとされています。(しかし食事から葉酸を摂る場合は調理の過程で失われる葉酸や体内での吸収を考えると、50%程度しか活用できない事から食事の場合は800μg程度の葉酸摂取が必要となります)

妊娠予定の女性や妊婦の方の体は生まれてくる赤ちゃんにとっても、とても重要なため栄養バランスに気をつけるようにしましょう。何事も無理なく続けられるものがお勧めです。