青汁の効果・効能

無添加青汁と無添加石鹸のプレミア感

青汁には今や多種多様の商品が販売されていますが、「無添加」を売りにした青汁と言うものをあまり見かけないので不思議に思い、そもそも「無添加」とはなんなのかも含め調べてみました。

青汁の商品をよく見てみると、商品説明などに無添加と記載されているものもありますが、大々的に売りにしているものは少ないようです。そしていくつかの青汁のパッケージを見てみると、多くの青汁がそもそも無添加ではないのかと言う事に気が付きます。中には沢山の成分が入っている青汁もあるのですが、主原料の青菜のみと言う青汁も多く見かける事から、そもそも青汁において無添加と言う事自体にプレミア感はないのかもしれません。どこかのメーカーが無添加を売りにしても、何を今更感が出てしまうでしょう。

次に気になったのが、そもそも「無添加」とは何かと言う事です。単純に読んで字の如く、添加物が入っていないと言うのは分かるのですが、あまりピンと来ません。そこで無添加について調べてみると、化粧品業界で多く使われている事が分かりました。無添加化粧品や無添加石鹸など、化粧品業界では無添加はプレミア感があるようです。こちらの無添加石鹸の通販サイトに詳しく記載されていたのですが、無添加にも「完全無添加」とただの「無添加」と言う区分けが存在するようです。

完全無添加とは石鹸で言うと、石鹸素地と水と天然成分意外のもが入っていないものを指すようです。次にただの無添加ですが、これは旧厚生省が定めた旧指定成分が入っていないものを指すようで、完全無添加のものと比較すると少しゆるい規定になります。

こうやって見てみると、青汁の場合はいわゆる食品添加物が入っていないものが無添加青汁と言う事になります。完全無添加青汁と言う商品は聞いたことがないので存在するかは分かりませんが、現在販売されている多くの青汁は無添加だと言う事が分かりました。やはり当初の印象通り青汁の場合は無添加を売りにしても大してプレミア感がなく、多くの青汁が無添加青汁なのです。しかし、それでも無添加をある程度強調している商品は存在はします。差別化は計れなくともマーケティング的には有効かもしれないと言う事なのでしょう、青汁を選ぶ消費者の多くは雰囲気で買っている方も多いと思うので、このあたりは賢くありたいですね。